ぱぴぷぺぽ劇場プロフィール

 劇団プロフィール







☆2000年4月に、(株)エツコワールドのプロデュースで誕生したユニット。初演は、2000年11月、プーク人形劇場にて
 当初のメンバーは、おいけ家金魚、海のくじら。のちに、鐙龍光と小川耕筰が加わる。
☆2005年に、エツコワールドがプロデュース事業を縮小したことより、単独のプロ人形劇団として再スタート。
 全国専門人形劇団(全人協)に所属。
☆2008年「セリフのない短編集」で、NHK BS「ななみDEどーも」にゲスト出演。
 またこの年、「のそのそにょろにょろ」「セリフのない短編集」2作品が、厚生労働省推奨児童福祉文化財に認定され、
 以来、全国の児童劇巡回事業にも参加するようになる。
☆2011年より、東日本日本大震災の被災地への復興支援公演等にも参加。
☆全国の幼稚園、保育園、児童施設、おやこ劇場をはじめ、子ども会、自治会などの主催イベントなど、ご依頼があれば
 どこへでも、公演に伺っている。
主な操演メンバー
プロフィール 












 

おいけ家金魚
ぱぴぷぺぽ劇場代表。
東京都足立区出身。千葉県流山市在住。
千葉大学教育学部小学校教員養成課程(教育心理学専攻)卒業。
1982~86 千葉県流山市内幼稚園勤務。
1987~93 (財)松戸市おはなしキャラバン勤務。
1993~  人形劇団「座・まりりん』を立ち上げ、おいけ家まりもとのコンビで、
     関東近県を中心に上演活動。
     落語協会所属むかし家今松師匠に落語を師事。各種イベントの司会も務める。
2000~05 (株)エツコワールドに所属。全国ネットで上演。
2005~  人形劇団「ぱぴぷぺぽ劇場」として再スタート。代表となる。
2008   NHK BS「ななみDEどーも」に出演。
2011~  東日本大震災被災地への復興支援公演にも参加。

企業用CMビデオでの人形操演、幼児向け教材DVDなど映像部門でも活躍中。

金魚のHP➡
   

小川耕筰
千葉県船橋市出身、在住。
1975~  「ガイ氏即興人形劇場」に所属。
      その後、「劇団人形の家」「ブレヒトの会」「銀猫商会」などでも活躍。
1995~  「ミニチュア劇場あおテント」結成。同劇場メンバーと活動する一方、
      俳優としても数々の舞台をこなす。
      代表作は、1987年「市川猿之助歌舞伎・義経千本桜」
      1995年「たまちゃんのキョーフの大冒険」1999年「安寿」など。
1998~  くすのき燕作・演出「シアタートライアングル~Four Seasons」に参加。
      国内のみならず、海外でもグランプリを受賞するなど高い評価を得ている。
2008~  ぱぴぷぺぽ劇場のメンバーに加わり、キャスト、演出家をかねる。
2011~  東日本大震災被災地への復興支援公演にも参加。

企業用CMビデオでの人形操演、幼児向け教材DVDなど映像部門でも活躍中。