クリック    トップページ  トピックス  資料・論文 情報・意見投稿  画像の記録   
ニュース  9の日 パンフレット   申合せ・計画 地域九条の会 リンク
 

トピックス










 
                                        2019.6.13

              (6/11に亡くなられた、白崎勇次郎さんが、「不戦兵士・市民の会」の(不戦大学)で残されたメッセージ抄録です。)


 ・「不戦兵士・市民の会」の(不戦大学 講演集会)でのレジュメ


 
             
 




・いくつかの写真

                                          
 

    (通信兵時の模擬再現)

                              

       高校生平和大使 の皆さんと若者交流)      (ふじさわ 9の日行動にて 2015.2      (一昨年の地域でのお祝い記念集会 2017.5


                         
                            
        (2018.12 「不戦兵士・市民の会」 の (不戦大学) のための録音時の近景)
    
              

                     


                     

                     

                                        2019.5.18

                「ふじさわ・九条の会 2019年度全体集会(総会)」 レポート   (文責:事務局 T.T.)

 
年度全体集会(総会)が、行われました。参加者は多くはないけれど40人(男女半分ずつ同数)でした。

 
(受付)
 
(事務局長 基調報告)
 
(討議)
 
(討議)


 資料に添って、下記の要領で。 (一部、議案書本文文言のとおりではなく、概略です。)
・事務局長挨拶
・議長選出
・議題
 1.18年度活動報告
 2.18年度会計報告、監査報告
 3.19年度活動提案
 4.19年度世話人、事務局の紹介 
 
1.18年度活動報告(概略)
  ・全国統一3000万署名活動に力を注いだ。街頭宣伝署名、各種藤沢アクションと共同での地区別各戸訪問、賛同者個々人の郵送での集約に切手
   代補助等の試みも。 結果、当初の6,000筆の目標に対して現状10,600筆超で、まだ伸びる見込み。各戸訪問で、対話も進めることができた。
 
  ・各種集会等の行動 
    ・憲法集会(5/3)、9の日行動、(総がかり行動実行委員会)の呼びかけにほぼ毎月有志参加、世話人会での各種取り組み(部外グループ・個
     人との交流他)、友好団体と会有志のいろいろな共同行動、12区市民の会に拠り、県議選・藤沢市議選の応援と神奈川知事選の支援など。
     藤沢の低投票率への危機感からも、選挙時でのスタンデイングアピールなど。

  ・藤沢市議会請願行動の成功。この結果は県内各方面に波紋を広げた。

  ・ニュース編集発行 自主的参加で再スタートしたが、結果的には、事務局(長)とレイアウト担当のNさんでの発行となった。内容的には、紙面カラ
   ー化、読者からの投稿、会員へのインタビュー、HP・ML・SNSに関する連載、沖縄通信連載など、記事の質的向上を実現した。

  ・SNS勉強会の実施

  ・事務局会と世話人会(例会)  例会時に外部との交流会を数回実施。

  ・「総がかり行動実行委員会」の呼びかけに応じて、会員有志がほぼ毎月国会前行動等に参加した。

  ・各種友好団体との協同行動を実行した。


2.18年度会計報告
  ・内容は非常に健全財政であった。(過去の大口寄付も大きい)

3.19年度活動提案 (ポイントのみを記述しておきます)
 ・安倍政権の緊急事態条項をベースとする壊憲策動に、野党共闘の鈍さに大きな問題があるなか、沖縄辺野古への抵抗と普天間の固定化を許さない
  行動と共に、引き続き全力を挙げる。

 ・藤沢市議会での「日米地位協定の見直し請願」採択成功成果をテコに、市議会・県議会に対して引き続き働きかけを行う。

 ・地域グループと協同で、引き続き3000万署名の継続(地域個別訪問を含め)。

 ・従来からの定期各種アクションの継続維持強化。

 ・県議会、市議会選挙で明らかになった、藤沢地域の低投票率! この低投票率では自民の業界票、公明の学会票に勝つことはできない。藤沢では
  浮動票、無党派層は投票しないことが明瞭となった。如何に投票率を上げるかが重要である。

 ・ニュースは従来通り年4回発行する。現在ニュース読者は多数で、この多数の読者こそ会の財産である。読者へのアンケート・読者からの投稿・
  インタビュー・沖縄通信・SNS講座・図書紹介・演劇芸能欄 等、豊富な記事の企画と編集は、事務局を中心として会員に協力を呼びかけ、主に事
  務局会で検討していく。

 ・事務局、世話人会の強化。現在の会の力では毎年の定例行事の実施で精一杯である。若い世代との交流や共同行動は「しなければならない」と
  いうレベルで終始している。新たな行動に取りかかるために事務局の増員を図る

 ・若い世代への働き掛け(ニュース読者からの提言を具体化したい)

 ・秋の学習会の開催(10/6、藤沢市民会館第2展示ホールは予約確保済み)

 ・15周年の集いの開催 2020年5月23日 藤沢市民会館小ホール予約確保済み。内容は一度見直しをすべきでは?

 ・「憲法審査会」の傍聴

 ・ホームページ、ML(メーリングリスト)のほか、TW(ツイッター)やFB(フェイスブック)による情報発信に務める。SNS講座を継続する。

4. 19年度世話人等 (現状、30人。男性:15人 女性:15人)

5. 事務局 (現状、13人。 男性:5人、女性:8人)

6. 当面の行動予定・・・・(HPでの案内も参照ください)
   ・9の日行動
   ・議員会館前、国会包囲
   ・直近の講演集会 他

7. 決算(案) 非常に健全財政です。(会計さんの几帳面な管理も大きく寄与)

8. 2019 年度予定表・・・(別途HPにも掲載します)


 以上が報告・提案され、意見交換の結果全て了承されました。

 ※特に、全体討議の中で、8つある地域九条の会から多数の行動報告や提案などがつぶさにされて、共有化できたのは非常に良かったと思
   います。   これは横展開で、強める価値が非常に大きいとみんなに認識されました
。(HPでの紹介も強化します。)


 
2019.5.9
5月の”9の日行動”



    



  この日の”9の日行動” は、藤沢駅南口一階通路。
 メンバーの参加者は9人。少し少ないけれど、今日は夕刻からの、国会前(議員会館前)での、
 ●
安倍9条改憲NO!憲法審査会に自民党改憲案を『提示』させるな!5・9国会議員会館前行動が重なっているから、手分けしての参加

 マイクアピールと、3000万人署名と、「自由法曹団」のパンフレット(下記)配布。
 
 署名ではいつもの事ながら、上の写真のように、何故かしら
Ms.Oオモニの呼びかけには、通行人が立ち止まって賛同署名してくれる。
この日集まった署名14人の内、彼女は12筆集めた!! 何かオーラのような、引き付ける人柄があるんだね。男連中の呼びかけにはなかなか応じてくれないし。 チラシ配りでもいつもそう。稀有な存在です。
 それと、
Mr.H の三線演奏BGMはグツド! これも”集客効果” 大!!.


 マイクの調子が悪くて、急遽目の前の店に電池を買いに行って交換、OK。 スピーチもつながった。

 下記の「自由法曹団」のパンフレットは、この時間帯の人通りが少ないこともあって、120枚ほどしか配れなかったけれど、まあまあか。

 おまけ:カンパしてくれた女性がおられた。嬉しいことです。














2019.4.29
 ふじさわ・九条の会 14周年の集い レポート






 

                             ふじさわ・九条の会 14周年のつどい

 今年のゲストは望月衣塑子さんということで会場に入りきれない人たちが集まりました。

 事務局長の挨拶に今のメディアのひどさを嘆く言葉がありました。5月3日の憲法集会の取り上げ方も東京新聞が一面トップなのに朝日新聞は社会面に憲法集会と日本会議の写真を並べて載せる。両論併記で新聞は何を主張しようとしているのか、と思います。

 講演会の「安倍政権とメディア」というサブタイトルの通り、この日はメディアの果たす役割がいかに重要かを改めて感じ、そのメディアが役割をはたしていないから安倍政権を暴走させているのだ、民主主義を危うくしているのはメディアの責任でもあると思いました。その中で望月衣塑子さんの存在の大きさを改めて感じた講演会でした。

 辺野古の埋め立てでサンゴは移植したと言ったこと、憲法に自衛隊を書きこみたい理由にしている自衛官の息子の話は、自衛官が話したことではないなど安倍首相の嘘の数々をメディアは暴こうしない。望月さんが孤軍奮闘して頑張っているのは「権力側が隠そうとすることを明るみに出すことが記者としてのテーマ」にしているからだそうです。記者会見であきらめず手をあげて質問する望月さんの様子がお話からうかがえて、1時間半ほどのお話があっという間でした。

 400人入る会場にあふれていた人たちは講演会が終わったらほとんど帰られて、そのあとのパレード参加者は100人くらいだったでしょうか。
 市民会館から北口の年金事務所まで1時間ほどプラカードを掲げ、「戦争反対!」「平和が一番!」とコールしながら歩きました。東電前では「原発反対!」のコールがあってもよかったのではないでしょうか。


                                                                                              (レポート:MS.M)
















 
 2019.1.14
              2019年 1・14 「成人の日 を祝う行動」

  今年も、「成人の日を祝う行動」は、毎月9の日行動の代わりに華やかに行われました。
  毎年、チラシは配らずに、このような栞を配っています。これは長年の伝統。
  正装の新成人には、この「憲法 栞」が受け取ってもらいやすく、記念にもなるからです。
  メンバーは30人余りが集まりました。
  お祝いを述べつつ、今の社会の矛盾・問題を解り易くマイクでそっと語り掛けながら・・・
  「成人おめでとうございます。」と言いながら、そっと出すと、結構受け取ってもらえます。でもやはり30%止まりかな・・・
  この「ふじさわ・九条の会」伝統の栞も在庫がなくなってきて、一時間の後半には、渡す栞がなくなって、残念。
  
  和やかで華やかな中で、気持ちよく栞配りが出来ました。

   


     
     

                                                                     (写真、報告:Mr.T.T.)
 2018.12.8
      
                      2018年 12・8 「ふじさわ・不戦のちかい 平和行動」

                             

               むりやり変えるな この国を

                     ふじさわの「不戦のつどい」に参加して

 
 ここ神奈川県辻堂駅前は最近、再開発されたおしゃれな街。
 
 休日には若者や近在の住民の買い物で賑わう憧れの街なのだ。 

 その北口デッキに、今日、128日午後1時半、ギターやジャンベの快適なリズムが響きはじめ、一時間ほど前から、ボツボツ周りに集まっていた人

の視線が,何となく中央の司会者に向けられ始めた。(司会者はMs.U.Y.さん) 

 今年,2018年の
「ふじさわ・不戦のちかい 平和行動」の始まりである。 参加したグループは、正面に並んだ旗から紹介すると、各政党、

多くの市民グループの旗、3人そろって並んだ高校生平和大使の姿も初々しい。「どこでもアクションの仲間たち」、「藤沢合唱団」の姿も見える。さっきか

ら演奏していた「よろずBand」の人たち、そして、たくさんのグループや自由な個人の参加者。 国会議員、県会議員、市会議員の方たち、来年、国会や

地方選挙で立候補予定者の人の挨拶.。


 それから、2時間、Bandの演奏を挟んで、それぞれの会や、自由参加者のアピールが続いた。 

無理やり変えるな、この国を 

アジアの歴史に目をつぶり

涙の犠牲踏みにじり

いつか来た道くりかえすな

 これは「バナナボート」の曲に合わせて作られた歌詞だが、みな思いは同じ。それぞれの立場から思いのたけを訴えた。

 藤沢市の「核兵器廃絶平和都市宣言」のなかで、「(平和と安全という)人類共通の大義に向かって不断の努力を続ける」また、条例には

 「(市民は)自主的に平和に関する活動を行う」
とはっきり謳っている。

 毎年、815日と、128日に開く「ふじさわ・不戦のちかい 平和行動」こそ、この志を体現している市民たちの表現であり、それは全市民の悲願
 
だと思う。

 会は、藤沢合唱団の「わたしの大切なもの」の合唱で閉会。また、それぞれの場へ人々は散っていった。 参加者24団体 85名。  

                                                                            (文責・Ms..R.)


 
のぼり
 

ふじさわ・不戦のちかい 横断幕
 
気勢あがる
 
未来を救う「高校生平和大使」
 
#どこでもアクション
 
子どもにふうせん
 
ふじさわ合唱団
 
平和・平和・平和


 
2018.8.15
      
                 2018年 「ふじさわ・不戦のちかい 平和行動」
 
 例年は、JR藤沢駅前(サンパール広場)で行っていますが、今年は2階デッキ通路が工事中で使えないために、 隣駅のJR辻堂駅コンコース・北通路で盛大に行われました。

 当日の参加者名簿に記入していただいた方は150人で、駅のj通行人も多く、メイン舞台周辺のデッキ通路で  関心をもって聞き入ってくれる人も数多くいました。
 通行人の皆さんも数多くのパンフレットを受け取ってくださいました。
 

 次の内容で、例年のように「高校生平和大使」の皆さん(一部の代表は、全国でグループを組んで今秋国連に赴く予定)にもしっかりスピーチしてもらえました! 応援カンパも結構集まったようです。

 各政党にも呼びかけ、多数参加・スピーチしてもらいました。



           


              
         
          


                               (みんなでコール)

                     

   
                          記録動画はこちら

                                     KENさんのYouTube
           https://www.youtube.com/watch?v=qE4V8GfExz4&feature=youtu.be

                          朝倉優子さんのFB(1) 
               
                https://www.facebook.com/100000525771730/posts/2274857029208467/

                                     朝倉優子さんのFB(2)

                https://www.facebook.com/yuko.asakura.712/videos/2272761946084642/





     
         



                                                                       (レポート:Mr.T.T)     
                                       (ふじさわ・不戦のちかい 平和行動 2017.12.8)
   
 


                                               


2016.11.3   (ふじさわ・不戦のちかい 平和行動) 緊急アクション
              自衛隊員を死なせるな!だれも殺すな! 自衛隊の南スーダン派遣反対!

(ふじさわ・九条の会)事務局長からのレポート です。

皆様 今日の緊急アクション、お疲れさまでした。昨夜からテントが張られて心配でしたが、朝9時から斎藤さんが様子を見に行って下さり、そのままサンパール広場の噴水跡地に横断幕やのぼりを立て
て場所取りをしてくださいました。

通路の方では商店会の大抽選会が行われ、かなりの人出でしたが、お互い何のトラブルもなく、無事に終了できました。

お天気にも恵まれ、1時から2時30分まで、106人(名簿に書いてくださった方のみ。フラッシュモブの皆さんは除く)の方の参加でチラシ630枚ほどを配りました。

湘南太鼓、寂空さんの津軽三味線、そしてモブ鍋田さんのジャンべのリズムに合わせてのコールも盛り上がりました。

自由党、民進党、共産党、社民党の議員さん(元議員さんも含めて)がスピーチの後がっちり握手をして、野党共闘をアピールしたのも、かなりインパクトがあり、素晴らしかったですね。

同時進行のフラッシュモブは何か所か場所を変えてのポーズのたびに大勢のカメラマンに取り囲まれて大変でしたね。でもかなり大勢の方に新しいアピールの方法として認識されたのではないかと思います。

街頭カンパは8661円、鍋田さんから3000円、そして辻堂のK.Mさんから1万円のカンパをいただきました。

吉塚さんが読み上げて皆さんと確認した「要請書」(自衛隊の南スーダンからの帰国と新たな部隊の派遣をやめることなど)は7日に防衛大臣に届けに行きます。

(編集者:”ふじさわ・不戦のちかい” 行動を、SNSからも様子の一部を紹介します。)
11/3(木・祝)13:00〜

(ふじさわ・不戦のちかい 平和行動) 緊急アクション
 自衛隊員を死なせるな!だれも殺すな! 自衛隊の南スーダン派遣反対!


とき  :11月3日(木・祝) 13:00〜14:30  
ところ :藤沢駅北口 サンパール広場

よびかけ : (ふじさわ・不戦のちかい 平和行動実行委員会) 

 

                                               


2016.2.7 2/1「抗議の火を絶やさない」スタンディング
(レポート:(本文)(写真)六会のMr.Kさん :ありがとうございます  (管理人))

「抗議の火を絶やさない」として毎週月曜日の正午から1時間、藤沢駅サンパール広場で取り組まれているスタンディングが2月1日にも行われました。

この場所では、このスタンディング以外にも毎月3日の「アベ政治を許さない」のそれや、毎月第1水曜日と19日の「F・STAP」のスタンディング、「(ふじさわ・九条の会)の9の日宣伝」など多彩に取り組まれています。

この日集まった人は女性7人・男性6人の計13人。
メンバーは固定していると言えば言えるのかも、、、
それ故和気あいあいで、それぞれ気に入ったプラカを前に後ろにぶら下げたり手に持ったり。
時には井戸端会議宜しく、楽しそうにおしゃべり。マ、楽しくなきゃ続かない、か。

女性のMさんは、この日が後藤健二さんの一周忌ということもあって、彼に関連したプラカをいくつも持参しました。
また、女性のSさんも、毎回想いのこもったユニークナな手作りのプラカを手にして「2000万人統一署名」を集めています。いつも声をかけています。
事務局長の女性Sさんの日頃の活躍も知っているのも加えて、「女性ってスゴイナ!」ってつくづく感じるこの頃です。

続いてる、続けてる、やめられない!


                                                             


2016.1.14 1/11 「成人の日」 記念の”9条栞”の配布
(レポート:(写真)六会のMr.Kさん :ありがとうございます  (管理人))

恒例の、成人の日 での 記念の”9条栞”の配布の様子です。
例年のように、記念の”9条栞”は好評です。

メンバー20人ほどで配れました。

藤沢駅反対側の南口サンパール広場では、毎週月曜日の「抗議の火を絶やさない」スタンデイング と重なり、手分けしました。
そちらもたくさんでアピール・署名が出来たようです。


お祝いを述べるKさん
   
栞をもってポーズをとってくれた3人 

                                                             


2016.1.8 1/6 F・STAP スタンデイング

(レポート:(本文)ふじさわのMr.Y、(写真)六会のMr.Kさん :ありがとうございます  (管理人))

(1/6)F・STAPのスタンディング行動は13名の参加で行いました。

毎回のように参加してくれる男性、黙々とスタンディングを行い、風のように去って行かれますが、毎回の参加に感謝します。

2000万署名も行い、40名くらい集められたのではないでしょうか。

赤ちゃんを抱いたお母さんが、家族全員の名前を書いてくれました。
中高生がSさんのチラシを受け取ってくれると嬉しい。

たまたまFさんの娘さんとお孫さんが通りかかり、勿論署名してくれました。
パン作り仲間のお二人、通り過ぎる所をIさんに呼び止められてこれまた署名!

皆さん、ご参加有り難う御座いました。次回は1/19火曜日午後3時〜4時です。