クリック    トップページ  トピックス  資料・論文 情報・意見投稿  画像の記録   
ニュース  9の日 パンフレット   申合せ・計画 地域九条の会 リンク
  
情報・意見投稿
 (このページは、記載枠がいっぱいになるので、半年間で定期的に削除します。)

          
  事務局からの連絡 ・ 賛同者ほかからの情報
   
   
   
   
 
(事務局より)

村岡新駅を考える市民の会》が呼びかけ発足し、
今回の藤沢市議会議員選挙での投票呼びかけと共に、大きな争点である、

村岡新駅建設への各候補者に賛否意見アンケート

が緊急におこなわれました。その結果をお知らせします。
各候補者が何を考えているか、意見が明らかに示されています。

今後の県政・市政にも大きな課題となります。
その結果をお知らせします。











  9条の会の皆さん、

  「全国知事会の提言による日米地位協定の抜本的改定を求める請願」が2/25の市議会総務委員会で  賛成多数で採択されました。

  3/1(金)午後1時半からの本会議で再度審議されます。皆さん是非本会議に傍聴に来て下さい。

  どの市議が当会の請願採択に賛成し、どの市議が反対したかを注視して下さい。宜しく。

    (事務局長より) 

 

(レポート:Mr..T.T.)
      =2017年ノーベル平和賞受賞のICAN)の運営委員 川崎哲さん、 (日本被団協)の 和田征子さんを迎えて=


  (藤沢市・藤沢市教育委員会)の後援も得て、2/13に、藤沢市民会館で講演会が開かれました。  主催は、”ピースリレー・ふじさわ”
  約100人の聴衆が参加。
  パネル展示、パンフレット・参考ブックレットの紹介もあり、盛況でした。
  ・川崎哲さんは、どのようにして核兵器禁止条約を実効あるものにするのか、核兵器の拡散防止、使用禁止、各国、とりわけ日本での取り組み等について、
   実践的な話、提案を熱く語ってくれました。
  ・和田征子さんは、ご自身の広島での被ばく体験を原点に、海外での(今回はとりわけ、ヨーロッパでの国際会議での出来事を中心に)、その国際的運動の
   広がりについて語られました。、

      
                                                                             (原水爆全面禁止・展示)


      
                    (川崎哲さん 講演)                              (和田征子さん 講演)              

                                                                                                          
     

 
 
2019.1.29

  



 
2019.1.29

 

(事務局より) 
                 ふじさわ・九条の会 14周年のつどい
 いよいよ、「ふじさわ・九条の会 14周年のつどい」の時期が近づいてきました。
 仮のお知らせパンフレットです。
 

 

                                                       

 2018.12.12

 (事務局長より) 

世話人会 30.12.17(月)午後4時半~5時半   

 安倍政権は先の国会で自民改憲案の憲法審査会への提案を見送った。
 これは私達国民と野党の抵抗の結果である、のだろうか。
 漁業法改悪、水道売却法、外国人奴隷労働法など何の必要性もなく、日本を外国資本に売り渡す悪法が次々に通された。
 こうなることは分かっていた。
 自公、維新、希望その他、2/3を超える議席を占有されているのだ。国会など安倍には不要なものになり果てた。
 来夏の参院選でとにかく自公を少数にする、これしかないのだが、そうなる前に私達の生活が崩壊するのではないのか。無力感に襲われること甚だしい。

・例会時ミニ交流会 

1回目「福島の母子保養事業」2回目「藤沢の有機農家」

3回目「藤沢の精神障害者生活支援」

MLの現在とSNS勉強会について(再掲)

メーリングリストとホームページをもっと会員、ニュース読者に活用して貰いたい。
 メーリングリストに投稿しても、恐らく読みもしない人が少なくないだろう。
 ホームページは管理人のTさんが工夫を凝らして、更新し新たなページを作っているのに、見たことさえない人もいるのではないか。
 TWFBなど広げたい思いはあるが多分無理だろう。
 先ずは既存のMLHPをもっと利用して欲しい
 MLには添付ファイルメールは投稿しない。長文の投稿は控えるなどを原則とする
 
HPに「意見」欄が作られたので、各地域9条の会などの投稿を個別に要請する。

3千万署名の現在と今後

14周年の集い 31.4.29(月)午後1時~5時 小ホール ゲスト依頼

12/8(土)不戦の誓い行動 辻堂駅二階テラスモール側通路 1時~3

・ネトウヨによる映画「沈黙」上映妨害に立ち向かう。

 「私達は黙らない市民ネットワーク」参加協力の件

・ニュースの書き手が固定してきており、1月のニュースでは書き手を一新する。
 (毎号連載の沖縄通信は除く )
  1/9(水)午後3時半~5時、推進センターFSで編集会議を行う。参加を乞う。学生等へのインタビュー記事。脚で書く記事

 

2月市議会に「日米地位協定の抜本的改定」の請願書を出す。文書を持って12月議会中に各派に協力要請をする。12/18(火)午前1115分市役所9階の展望スペース集合。

・その他

 
 2018.12.10

(事務局長より) 

ふじさわ・九条の会の皆さん

ふじさわ・九条の会は、来年2月の市議会に(全国知事会のように)日米地位協定の抜本的改定を求める意見書の請願を出します。

その準備として、この12月議会開会中に市議会7会派にこの請願への理解協力を依頼します。
請願書案と協力依頼を手渡し方々、会派代表者等へ口頭依頼します。
一会派を二名で回ろうと思います。それには14名が必要です。

先日のメーリングリストでの要請に参加の返事をくれたのは、たった3名です。

下記の日時に一斉に回ります。是非ご参加願います。
詳細は12/17の例会で説明します。

12月18日(火)
午前11時15分に

市役所9階の展望ロビー(展望スペース)に集まって下さい。
分担決めと依頼状配布など打ち合わせをして会派控室を回ります。

上記に参加して下さる方は、下記吉塚アドレスに返事を下さい。
 
2018.12.10

 
(投稿 : T.T. 生)
不戦のちかい・平和行動 @ふじさわ 

《紹介》
 12月8日の「不戦のちかい 平和行動」は、トラブルもなく、にぎやかに、楽しく2時間(場所取りから計算すると4時間ですが)を過ごすことができました。参加者は、名簿に記入してくださった方は24団体、79名でした。街頭カンパは11692円でした。
 東京新聞の吉岡潤記者が取材して早速、翌日の神奈川版に掲載してくれました。



(以下、記事全文)

【神奈川】
高校生ら藤沢で「不戦のちかい」 
太平洋戦争開戦から77年 辻堂駅前で訴え
2018129


 


 太平洋戦争の開戦から七十七年を迎えた八日、藤沢市民有志が同市のJR辻堂駅北口で「ふじさわ・不戦のちかい 平和行動」を開いた。
 横浜市から参加した高校生を含む約八十人が参加し、戦争のない平和な世界を願う気持ちを行き交う人たちに向かって訴えた。 (吉岡潤)


 集会は二〇〇三年十二月からの自衛隊のイラク派遣をきっかけに始まり、毎年、終戦記念日の八月十五日と合わせて二回開催。
 護憲を主張する市民団体や個人、党派を超えた国会議員、地方議員らが歌やスピーチでそれぞれの考えを表現している。


 県立横浜国際高校(横浜市南区)二年の山尾みるさん(17)と同一年の沢野莉香子さん(16)、県立瀬谷高校(同市瀬谷区)二年の高久真衣さん(17)の三人は、核兵器廃絶を求める署名を集めた。
 山尾さんは昨年、「高校生平和大使」の一員としてスイスの国連欧州本部に署名を届けた。「小さな声を上げ続けることが大切だと思う。『微力だけど無力じゃない』がスローガンで、高校生だからこそできることがあると信じている」と話した。
 
2018.11.29

 
 《不戦大学 : 不戦市民の会 創立30周年記念》

                  ※私たちの先輩:白崎勇次郎さんが、体調不良の中、振り絞ってお話されます!!

      (下記のパンフレットを大きく鮮明に見るには、下記   をクリックしてください
                                                          
 
                                       img100.pdf)                                    


img101.pdf )

 
 2018.11.26

 (投稿 : T.T. 生)

沖縄2新聞紙の、基地関係ニュースソース です。

★『沖縄タイムス』




★『琉球新報』


https://ryukyushimpo.jp/search.html?keyword=%E5%9F%BA%E5%9C%B0


 2018.11.25

 
 (投稿 : T.T. 生)

10月29日から『東京新聞』<税を追う>シリーズが連載されてきました。
大変読み応えのある連載です。 
11月25日で、11月13日から続いた「歯止めなき防衛費」が完結しました。

「歯止めなき防衛費」シリーズの前(10/29~)から<税を追う>の連載は始まっていて、一貫して軍事費、特に兵器・武器購入の問題を取りあげています。
最終回は、沖縄県民の辺野古基地反対運動への弾圧に使われる「際限なき予算」についての記事でした。

森友・加計問題が「可愛く」見えてしまう、膨大な軍事予算。
憲法9条壊しに躍起になる安倍政権の下では、この流れは加速していってしまうでしょう。
まさに「歯止め」をかけなければ、国民(断っておきますが「日本国籍を持つ者」に限定するつもりは毛頭ありません。日本に生活の基盤を
もつすべての人)の暮らしが壊されてしまいます。

 『東京新聞』の記事をすべてここに紹介するのは、スペース的に無理なので、下記の(PDF変換したもの)を参照ください。

膨大な記事データ資料なので、適宜、お時間のある折にご覧ください。

       下記をクリック



toukyousinnbnnn.zeiwoou.pdf へのリンク
 

2018.11.22

  
 (事務局長より) 

 昨晩(11/21)SNS勉強会が開かれました。参加者が少なかったのは残念至極。何度も広報し重要性を伝えてきたのに、これはがっかり。
 
今後、ふじさわ・九条の会 事務局はSNSでの情報拡散に注力するので、皆さんくれぐれも宜しく。

 ・メーリングリスト(ML) ガラケイの所有者が少なからぬ現状から、MLへの投稿は添付ファイルなし、メール本文のみの投稿とする。 
 ・
MLに返信をすると、登録者全員に返信することになってしまうので、発信者に返信する。このことは特に注意

 ≪至急、検討事項

 ・ツイッター(TW)はガラケイでも出来るので、(多くの人)にTWアドレスを取得して貰い、 イベント情報(例えば14周年事業、不戦の誓い行動など)を
  全員で拡散する。

  TWは拡散力がある。  TWの使用法は後日勉強会を開催予定。

 ・TW投稿に(ふじさわ・九条の会)ホームページ(HP)へのリンクを貼り、詳細を書いてあるホームページへ誘導する。

 ・ホームページ(HP)への訪問者を増やす。

 ・事務局はライングループを形成し、瞬時に連絡が行き渡るようにする。

 ・メール、ML、TW、ラインを機能別に使い分け、拡散システムを構築する。

 簡単ではありませんが、可及的速やかに成し遂げなければなりません。 皆さんの協力を要請します。

 ※ 細川先生から必読図書が紹介されました。以下の二冊。

 ● 「スノーデン 日本への警告」(集英社新書)         ● 「自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体」(講談社現代新書)