各ページに移動
 
トップページに戻る  リンク・サイト  会のニュース  資料・論文  軍事・安全保障 教育関連
 トピックス(活動)  パンフレット類   意見投稿  画像の記録  地域九条の会  申合せ・年間予定 


                                                                                    改訂(1):2013.6.10  改訂(2)2020.4.1
   



最直近の更新
直近の更新情報

7/13
(月)
 

 
 《当面の行動予定》   (事務局 からのお知らせ、よびかけ)

1、毎月日「アベ政治を許さない」全国一斉行動    藤沢駅南口2階デッキ 
   ・8日(月) 13:00~14:00       

 2.
毎週月曜日の「抗議の火を絶やさない」は、     藤沢駅南1階(タクシー・バス乗り場周辺) 
   ・7月20、27
   ・月は休みます。

 3.「9の日行動」 15:00~16:00   
 
     開始時刻に気をつけてください(7~9月は暑いので15:00~16:00 )

     ・ 8月9日(日)     15:00~16:00    小田急・江の島駅前  
  
 ・ 10月以降 (予定) 13:30~14:30   藤沢駅北口サンパール広場(雨天時は南口一階)   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  (注1) ただし、「コロナ」の状況もあり、参加には下記をご参考に。

 
ご本人に身体の不具合、年齢
 ②
ご家族の状況
 ③
藤沢駅にくる乗り物などで密集になってしまう
                                ・・・・などの方はご自重ください。なお、当分の間署名行動はしません。

 
 ・当面は、サイレントスタンデイング で。
 ・ポスター等を掲げて立つだけで、チラシ配布も署名も取らないでやります。
 ・みなさまご自身の体調とよく相談のうえ、コロナ対策、暑さ対策をなさってご参加を !


                          
《事務局からのお知らせ》

 コロナ に関して、

世話人会(例会)は当面中断。

事務局会は毎月やる予定。(開始時刻はその都度連絡します)  世話人の方で希望される方はご参加ください。

                  (ただし、推進センターの会議室が、定員15名なので、参加人数に制限があります。)


     ・7月20日(月) 16:00~17:00
  

            
   
7/12

(日)
 

 
 6月15日は、忘れもしない共謀罪が、強行採決され、成立した日です。
あれから3年、まだ適用事例はでていません。
あきらめることなく廃止を求める声を上げ続けていることも、適用させない一つの力になっていると思います。

(海渡雄一氏と青木理氏の、掘り下げた対談) が
非常に参考になります。(検察・警察・司法・行政と内閣)
   
YouTube配信アドレス ⇒(クリック) 
https://youtu.be/xShdVkOeeS8  (少し長いです。90分)
 
7/11
(土)
 

 
 《参考資料》  下記をクリックで、藤沢市 2020中学校調査書集計結果 が詳しく読み取れます。

  2020中学校調査書集計結果 表とグラフ(独自)市内19中学校から提出された「教科用図書調査書」(学校調査書)を独自に集計し、
 すべての教科を表とグラフにしました。
 視覚的で、学校現場の意向が、一目瞭然です。ご覧ください。 2020学校調査書集計表とグラフ

7/10
(金)
 

 
《みんなの教育・ふじさわネット》 からのお知らせ、呼びかけ

 教科書採択傍聴のよびかけチラシができました。これから20日間しかありません。

(九条の会ニュース発行の前に、採択となります。)機会あるごとにどんどん広めて下さい。

 集会、会合、その他配布の機会があったら,そういう情報を教えて下さい。

 どこでも、どなたにもお誘い下さい。どうぞ声かけ、広めてください。 

 (注:チラシは、ここから引き出せます。⇒ 傍聴呼びかけ2020採択.

 
 
7/5(日) 

 
 からの情報

高田です。
あらため歴史を考えさせる社説だ。一読に値する。
記事中の三宮府中市議は知り合いだ。ちょっと変わり者だったが。
私の父親は零細鉱山をやっていた時期があるが、酒を飲むと「朝鮮戦争の時は景気が良くなった」という自慢話をしていた。
考えられないことだが、15年戦後、10年も経っていないのに、まわりには「戦争待望」の空気もあった。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/40016?rct=editorial

東京新聞社説・週のはじめに考える 23カ国目の「参戦国」
2020年7月5日 07時37分
 高層アパートに囲まれたその公園は、一風変わっていました。各国の国旗と、きれいに磨かれた墓石が整然と並んでいるのです。「UN(国連)記念公園」。韓国南部の釜山市にあります。
 今年は朝鮮戦争勃発から七十年ですが、墓石は、この戦争に参加した国の兵士のものです。
 広さは約十五ヘクタール。朝鮮半島の各地に散在していた墓地から、ここに遺体が移されました。 ・・・・・・・


(注)(以下全文は、下段の、 からの情報 からご覧ください。)
 
 (社説全文は、同上の、下記URLより。)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/40016?rct=editorial
 
7/5(日) 

 
 近県地域の今後の行動のお知らせを更新。(7/5版)(このトップページ最下段。)  (九条かながわの会ML より) 今後の行事  
 6/30(火) 

 (教育ネットのMs.M さんからのMLメールを、(不許複製)ですが、至急お知らせのために、転載します。(文責:HP管理人))

みなさま

(M)です。明日(7/1、水)は9:30~中学校・教科書採択審議委員会です。

(9:00~9:15傍聴受付。50名定員。満たない場合はそれ以後も受付け)市民会館第一展示ホール。

7/31の教育委員会での採択のために、教育長・教育委員も勢揃いします。

国語から道徳まで、すべての教科書の審議です。2017年以降「大変適している」「とてもふさわしい」「非常に優れている」など教科書会社名をあげ、
評価をする発言があります。
自由な教育的話し合いをうけて、31日の採択につなげてほしいです。

教育ネットは審議会に「校長先生からの調査書と市民の意見書を審議の中でとりあげて」の要望書を出しています。扱われるでしょうか。

例年は20名程度の傍聴者です。31日採択の日の抽選より、傍聴できる可能性は高いと思います。

多くの市民の見守る目が、採択の支えとなりますようにどうぞ、ご参加下さい。

 6/28(日) 

 
 《『東京新聞』記事2020.6.28) の情報から紹介》

 沖縄戦体験証言 : 旧日本兵らの体験を保存する、「戦場体験放映保存の会」は、6/27、太平洋戦争の沖縄戦体験者の証言をネットで生中継する「ウェブ茶話会」を開いた。

  ※ ウェブサイトは、こちらから ⇒ http://www.jvvap.jp/index.html


  ※Youtubeの一例はこちらから ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCy8nBLNpXckowh9IR0jnUyA
 
6/26(金) 

 
近県地域の今後の行動のお知らせを更新。(6/21版)(このトップページ最下段。)  (九条かながわの会ML より) 今後の行事  
6/19(金) 

 
〖新聞記事より〗

6/19付けの『東京新聞』(横浜 神奈川)欄に、私たちの友人:崎山稔さん のインタビュー記事が掲載されました。
・ご本人の了解の上で、その記事を転載します。
(『東京新聞』紙の転載内諾も済)
・記事の見出しは、「やっと親きょうだい ひとつに」 「サイパン戦で家族失った 藤沢の崎山さん」 「どんな理由でも戦争起こすな」 「弟二人「平和の礎」に刻銘」 など/

(注) 紙面を大きく鮮明に見るには、ここをクリック img561_compressed.pdf へのリンク

 
 
 6/12(金)   (かなり下段)     ほか からの情報    

《孫埼享 氏 論説より。》孫崎享のつぶやき   (6/12付)  https://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1910892

尖閣諸島:沖縄返還時、米国は管轄権は日本、領有は日中いずれの立場も取らないとの立場。
日中国交回復の時に現状維持、つまり暗黙に日本の管轄を認める「棚上げ」を暗黙に合意。
日本が領有の動きを強めれば当然中国も対応。将来、日本の管轄も揺らぐことを理解すべきだ。
 

(以下、本文から、)
6/11(木)  教育関連 のサイトを新設しました。   (☚ クリック) 

みんなの教育・ふじさわネット

https://mkfnet.com/ 

    

よりよい教科書を子どもたちに!藤沢とりくむ会

https://www.fujisawatorikumukai.com/

  
 
 6/9(火)  ”みんなの教育・ふじさわネット” の直近パンフレットの紹介。

 (みんなの教育ふじさわネット)を検索 又は、URL: (https://mkfnet.com/) から検索できます。。


  
 

 

    藤沢市の中学校教科書展示会が始まります

        藤沢市の中学校教科書展示会612()から始まります。

        今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため藤沢市立各中学校での移動展示会はありません。

        藤沢市の展示会は、藤沢市役所分庁舎2階会議室のみです。

        意見書に意見を書き提出できます。採択する教育委員に市民の声を届けましょう。

        ・展示会場 :藤沢市役所分庁舎2階会議室 藤沢市朝日町1-1 東海道線 藤沢駅徒歩3分

        ・期  間:612() 623() (日曜日は除く)   時  間:午前9時から午後5時まで

https://mkfnet.com/wp-content/uploads/2020/06/4a4c2a3ef8b29901e80c4ff9645d424a-300x207.jpg

☆詳しくは下をクリックしてご確認ください。
藤沢市教育委員会教科書展示会のお知らせ

 
学習会の資料(1) 

 
学習会の資料(2)



6/7(日)  ・  新しく公開された ”みんなの教育・ふじさわネット” のHPを、(了解の上)このHPにリンクすることにしました。

・ (みんなの教育ふじさわネット)を検索 又は、URL: (https://mkfnet.com/) から つながります。

・ 私たちのこのHPに常設します。 このトップページの最下段 : 有用なウェブサイト(1) <活動の連携サイト>  にも これを常設表示します。

        
6/5(金)          ”みんなの教育ふじさわネット” からのお知らせ  

「現場の先生方の声を尊重して下さい。」署名は6月15日締切りですが、6月末まで間に合います。

今年こそ、育鵬社教科書の採択を、何としてもやめさせるため、もう一声、ご協力をどうぞよろしくお願いしま

す。

以下の「教科書展示会」と「教科書ミニ学習会」に関連して、チラシを添付します。

「教科書ミニ学習会」を開きます。お気軽にご参加下さい。

 日曜日以外はそのまま教科書展示会にも行けます。

「教科書展示会」での意見書は、教科書採択に大きな意味を持っています。すべての意見書はまとめて、教育

委員、教育長に届きます。

大きな運動のヤマです。どうぞ、市役所分庁舎へお出かけ下さい。

(歴史では、戦争のところ、公民では、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、など、大きな違いがはっきり

しています。)

関心のあるところを自由にご覧になって、どうぞ、その場に置かれている意見書をお書き下さい。

                                                                   (報告:Ms.M)
 
6/1(月) 
(事務局より)

今年は、来年から使用される中学校の教科書採択の年です。ぜひ教科書の展示会へ行って教科書を見てきましょう。

教科書展示会の日程:6月12日(金)~6月23日(火)の9時~17時まで(日曜除く)

会場:藤沢市役所分庁舎(旧市役所新館)2階会議室。土曜日は郵便局側の中央管理室側入り口から。

侵略戦争を肯定し、憲法「改正」へと誘導する【育鵬社の歴史教科書】と【育鵬社の公民教科書】を、

実際手にとって他社の教科書と見比べてください。

具体的には歴史では
戦争のところ、日本国憲法の成立のところ、

公民では、天皇のところ、憲法(国民主権
基本的人権、平和主義)、国家のところなどに注目です。

そして意見を書いてきましょう !
 

 (より詳細の案内は、後日、別途。)
5/30(土)  

沖縄と連帯する会・ぎふ MLメールからの情報です。  

沖縄発の情報をピックアップしリンクしています。 随時更新していますので、最新情報を是非ご覧下さい。

   → 沖縄関係ニュース動画など

 恐るべき自衛隊の南西シフト態勢先島南西諸島の実態を暴く
part1・与那国島・石垣島編     2020/04/17 公開 (10分)
 https://youtube.com/watch?v=2RqdmGT-lr4

part2・宮古島編       2020/04/21公開  (17分)

 https://www.youtube.com/watch?v=KzVQZZq06Lo&feature=share&fbclid=IwAR0WV5kM69wAsPbJd84lcnIt-rCgGrCGuFWq9unhVqIfUcSg284IJNVGn-s

part3・奄美大島・馬毛島(種子島)編   2020/04/29 公開 (16分)

 https://www.youtube.com/watch?v=IjONW-VsnrI&feature=youtu.be

part4・沖縄本島編   2020/05/08 公開 (10分)

 https://www.youtube.com/watch?v=0tFM_UHIhHI  

  
5/23(土)   2020年度 年度活動方針書 にかえて
   

         至急の情報

   
 5/23



注目

(再掲示)
2020年度 年度活動方針書 にかえて 

コロナウイルス禍 により、全国的に反戦・平和・護憲ほかの市民活動は全面的に非常に困難な状況で、
ふじさわ・九条の会も、2020年度 定例総会(5月全体集会)の開催すら正常に行うことができない状況です。
止む無く、年度総括・方針書を全賛同者に郵送するとともに、このHP上に公開することで替えることになりました。
下記を吟味していただけますようお願いし、また、全国のみなさまにも私たちの活動をアピールすることとします。
(ふじさわ・九条の会 事務局)
 


以下、上記の ”方針書”  全文は、  申合せ・年間予定 (☚ クリック) でご覧ください。
 
 
5/15



 
  【重要!】 
          
     東京高検検事長の定年延長についての元検察官有志による意見書
    1 東京高検検事長黒川弘務氏は、本年28日に定年の63歳に達し退官の予定であったが、直前の131日、その定年を87日まで半年間延長する閣議決定が行われ、同氏は定年を過ぎて今なお現職に止(とど)まっている。

  検察庁法によれば、定年は検事総長が65歳、その他の検察官は63歳とされており(同法22条)、定年延長を可能とする規定はない。従って検察官の定年を延長するためには検察庁法を改正するしかない。しかるに内閣は同法改正の手続きを経ずに閣議決定のみで黒川氏の定年延長を決定した。これは内閣が現検事総長稲田伸夫氏の後任として黒川氏を予定しており、そのために稲田氏を遅くとも総長の通例の在職期間である2年が終了する8月初旬までに勇退させてその後任に黒川氏を充てるための措置だというのがもっぱらの観測である。一説によると、本年420日に京都で開催される予定であった国連犯罪防止刑事司法会議で開催国を代表して稲田氏が開会の演説を行うことを花道として稲田氏が勇退し黒川氏が引き継ぐという筋書きであったが、新型コロナウイルスの流行を理由に会議が中止されたためにこの筋書きは消えたとも言われている。

  いずれにせよ、この閣議決定による黒川氏の定年延長は検察庁法に基づかないものであり、黒川氏の留任には法的根拠はない。この点については、日弁連会長以下全国35を超える弁護士会の会長が反対声明を出したが、内閣はこの閣議決定を撤回せず、黒川氏の定年を超えての留任という異常な状態が現在も続いている。


 (以下、下記本文に続く)
・・・是非全文をお読みください。  意見投稿  ページ


(以下、全文は、右をクリックで表示されます。 ➡      意見投稿  ページ 
 5/6



 からの情報

高田です。
本当にそう思います。
私もふと、文章に戦争用語を使ってしまうときがあります。
右派だけでなく、日本の左翼社会は、戦後の時期に開花したため、
戦前の軍事用語の使用に無頓着すぎた、というきらいがあります。
気を付けなくてはならないことと思います。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14466743.html?iref=pc_rensai_long_16_article
朝日(社説)対コロナ 「戦争」の例えは適切か
2020
56 500

 国民の生命を脅かし、経済にも大きな打撃をもたらす。その危機の深刻さを訴える狙いがあるにしても、新型コロナウイルスへの対応を「戦争」と例えることに、政治家はもっと慎重であるべきだろう。

 米国のトランプ大統領は「戦時大統領」と名乗り、中国の習近平(シーチンピン)国家主席はこの闘いを「人民戦争」と称した。フランスのマクロン大統領も「我々は戦争状態にある」と述べた。

 確かに、医療現場では、まさに「戦場」のような過酷な光景が繰り広げられている。

 それでも、いま起きていることは、あくまで公衆衛生上の緊急事態であり、それに伴う経済、社会の危機である。武力による国家間の争いなどではもちろんない。

 危機を強調することで自らの求心力を高め、国民の自由や権利を制約する措置にも理解を得たい。そんな思惑を抱く政治指導者もいるのだろう。

 歴史を振り返れば、「戦時」には情報や言論の統制がつきものだ。民主的手続きはないがしろにされ、重要な決定が独断でなされることもある。

 だがコロナ禍を乗り越えるには、できる限りの情報開示と、各分野の専門家の意見を踏まえた透明な意思決定、そして国民の納得ずくでの協力がカギを握る。でなければ、時々のリスクや影響を正確に評価し、適切な対策をとるのは難しい。

 「戦時」となると、国民の団結が有無をいわさず求められ、隊列を乱す者は糾弾される。個々人の立場や事情を慮(おもんぱか)ることも、理を尽くして説得することもなく、批判や排除の動きが広がれば、社会に亀裂が走り、幅広い連帯は失われてしまう。

 立場の弱い人が犠牲を強いられてはいけないし、ウイルスをむやみに「敵視」することが、感染者やその周辺への差別を助長する恐れもぬぐえない。

 ドイツのシュタインマイヤー大統領は先月、国民に向けたテレビ演説で「感染症の世界的拡大は戦争ではない。国と国、兵士と兵士が戦っているわけでもない。私たちの人間性が試されている」と語った。

 互いに協力して事態を克服する道を探るのか、それぞれが孤立し、独走する道を選ぶのか。そう問いかけ、人と人、国と国との連帯を呼びかけた。

 長期化が予想され、出口の見えない危機にあって、複雑な現実を勇ましい言葉で覆ったり、緊張を高めて分断を深めたりしてはならない。それはむしろ、解決への道を遠ざける。

 ひとびとの生命と暮らしを守る確かな行動を促すため、冷静に考え抜かれた言葉こそ、政治家に求められる。


(以下、全文は、右をクリックで表示されます。 ➡     意見投稿  ページ 

5/6



注目

 
《仲間のMs.M さんからの呼びかけ情報です。.》 

みなさま

私は、藤沢市平和の輪の実行委員です。
(ピースリングバスツアーを市と一緒に企画し、丸木美術館は、毎年行っています。学芸員・岡村幸宣さんのお話を、原爆の図の前で聞くのは、何度でも衝撃的です。)
その丸木美術館がコロナの影響で、収入減少が大きく、ピンチとなっています。
運営資金を募っています。
昨日の朝日新聞にも載っていました。今だからこそ支え、寄付のご協力を、どうぞよろしくお願いします。
(丸木美術館HPウエブサイト「今すぐ寄付」入る)朝日新聞やヤフーニュースより、以下。

(朝日新聞記事 より)
 同館は、運営のために年間2500万円ほどの経費が必要としており、そのうちの入館料収入は毎年1000万円ほどと大きな割合を占める。
 1ヶ月平均にすると約200万円の収入が必要となるが、2020年度の来館者収入はほぼゼロであり、大きな助成金もないため、入館料の減収をできるだけ補填する必要があるという。

                  今回の寄付の呼びかけについて、丸木美術館学芸員の岡村幸宣は以下のようにコメントしている。

 「歴史をさかのぼれば、平和な世の爛熟だけでなく、厳しい時代にあっても人は表現を手放さなかったことがわかります。人間の心をえぐるような痛みや、鋭い社会批評を通して世界の本質に近づくことも、文化の大切な役割です。よろこびも、かなしみも、生きるための力になります。現在、より厳しい状況に直面している方々も多い状況のなかで、支援の声をあげることへのためらいもあるのですが、次の世代に『原爆の図』のある美術館をつなぐため、まずはお気持ちを持ってくださる方との連携を大切にしていきたいと思います」。 

 同館は、運営のために年間2500万円ほどの経費が必要としており、そのうちの入館料収入は毎年1000万円ほどと大きな割合を占める。
 1ヶ月平均にすると約200万円の収入が必要となるが、2020年度の来館者収入はほぼゼロであり、大きな助成金もないため、入館料の減収をできるだけ補填する必要があるという。


 ・…………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     (注)上記の、丸木美術館HPウエブサイト→「今すぐ寄付」は、下記のサイトをクリックで表示されます!
         
ここから、是非、寄付の申し込みを!!

https://congrant.com/credit/form?project_id=1587





(注)下記の、郵便振替が一番簡便かもしれません。







 
4/13

 
  

署名 の呼びかけ (ふじさわ・九条の会事務局 より)

下記、3件の署名呼びかけ が新しく始まっています。
賛同いただければ、是非多くの署名を、各々の集約先に(郵送などで)返送いただけませんか。
又、出来れば、近隣の方への声掛けもお願致します。

安倍9条改憲NO! 
改憲発議に反対する全国緊急署名 



署名用紙の印刷は、
下記pdfデータをクリック表示し、印字。

kaiken hatugi.hantai.syomei.2020.4.pdf

(署名の集約送付先)

ふじさわ・9条の会
251-0021 藤沢市鵠沼神明4-10-26 吉塚 方


藤沢市の教科書採択に関する署名



署名用紙の印刷は、
下記pdfデータをクリック表示し、印字。


fujisawa.kyoukasyo.saitaku.syomei.2020.4.pdf


(署名の集約送付先)


251-0047 藤沢市辻堂6-2-10 松本 方
 
横浜市民以外からの要望書
カジノIR誘致をやめることを、ここに強く求めます。




署名用紙の印刷は、
下記pdfデータをクリック表示し、印字。


cazino.hantai.syomei.2020.4.pdf


(署名の集約送付先)


251-0037 藤沢市鵠沼海岸6-15-15 島田 方


4/13

 
     『ふじさわ・九条の会』ニュース No.60(2020.4.12)    
  
  ニュース全体を(大きく、鮮明に)表示するには、下をクリック 
ニュースNo.60  または、ニュースのページをクリック   会のニュース  


 ニュースを印刷するには、下記を(右または左)クリックで、印刷できます。(印刷環境は、各個人、異なっているかも。)

fujisawanews60.2020.4.12_compressed.pdf




   
 
上を向いて歩こう :YouTube   ~コロナ ウィルス にも負けず、元気を出して!!~

↡ クリック


SING FOR HOPE プロジェクト
https://www.youtube.com/watch?v=lBNJIhfa9Zs

オリジナルはこれ
https://www.youtube.com/watch?v=SPWDhYiHl44


    



鎌倉・九条の会 パンフレット 『2分で分かる 現憲法 VS 自民党憲法改正草案』

(パンフレット全体は、ここをクリックでも表示されます。)


http://kamakura9-jo.net/voices/cn18/pg222.html#page

または、

  パンフレット類 

 http://kamakura9-jo.net/_src/6774/955c8e86.png?v=1542285528335



 ほか からの情報

WEBサイトhttp://web-saiyuki.net/kenpoh/ からも検索できます。 (順次、1~2週間後に削除します。)

【 全文は長いので、各々、意見投稿ページに掲載します。意見投稿をクリックでご覧ください。】  
 7/5
 
 

注目
  

高田です。
あらため歴史を考えさせる社説だ。一読に値する。
記事中の三宮府中市議は知り合いだ。ちょっと変わり者だったが。
私の父親は零細鉱山をやっていた時期があるが、酒を飲むと「朝鮮戦争の時は景気が良くなった」という自慢話をしていた。
考えられないことだが、15年戦後、10年も経っていないのに、まわりには「戦争待望」の空気もあった。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/40016?rct=editorial

東京新聞社説・週のはじめに考える 23カ国目の「参戦国」
2020
75 0737
 高層アパートに囲まれたその公園は、一風変わっていました。各国の国旗と、きれいに磨かれた墓石が整然と並んでいるのです。「UN(国連)記念公園」。韓国南部の釜山市にあります。
 今年は朝鮮戦争勃発から七十年ですが、墓石は、この戦争に参加した国の兵士のものです。
 広さは約十五ヘクタール。朝鮮半島の各地に散在していた墓地から、ここに遺体が移されました。
釜山に追い詰められる
 第二次大戦後、ソ連と米国が朝鮮半島を分割して統治しました。その後北朝鮮と韓国が建国され、激しく対立しました。
 北朝鮮は一九五〇年六月二十五日早朝、三八度線から大量の兵と最新鋭の戦車を投入。不意を突かれた韓国は大混乱に陥り、たちまち首都ソウルを占領されます。
 韓国には戦闘支援十六カ国、医療支援六カ国の計二十二カ国が応援に入りました。米軍を中心とした「朝鮮国連軍」は、釜山周辺まで追い詰められてしまいます。
 国連軍側が敵軍の背後を突く仁川上陸作戦を敢行。情勢はいったん逆転しますが、勝敗がつかないまま三年後に休戦となりました。
 この間、双方の軍が朝鮮半島を交互に占領。いわば「死のローラー」が繰り返しかけられたため、一般人を含め、計数百万人が死亡したとされています。
 日本は、この戦争に直接参戦していません。釜山の公園にも日本の国旗はありませんが、日本は国連軍側の後方支援の拠点として大きな役割を果たしました。いわば「二十三カ国目の参戦国」です。
 軍用トラック、鉄条網、銃弾などが日本から続々と送られました。兵士用の食パン、輸血用の血液なども含まれていました。
 朝鮮半島を爆撃したのが、在日米軍基地から飛び立った米軍機だったことを覚えている人は、もう多くありません。
日本の協力は秘密扱い
 当時日本は、米国の占領下にありました。このため、米国からの依頼を受け、日本人が海上にまかれた機雷の除去を担当。在日米軍基地で働いていた一部の日本人は戦闘にも参加しています。
 日赤の看護師たちも、負傷したため日本に送られた米兵の治療に動員されましたが、いずれも秘密にされていました。
 米兵は日本から海路で送られました。船を動かしたのは朝鮮の地理に明るかった日本人でした。東京都府中市議を務めた三宮克己さんもその一人です。生前に何回か話をうかがいました。
 日本兵の復員のため働いていた三宮さんは、朝鮮戦争の勃発に伴い、日本から米兵を朝鮮半島に送り出す仕事に従事します。
 米兵たちは、突然の戦争に心の準備ができていませんでした。ガラスケースに入った日本人形やギターを抱えて韓国南部の釜山に近い港で下船し、遊びにでも行くように戦地に向かったそうです。三宮さんはその後、兵士の多くが戦死したと聞きました。
 二年半にわたって兵を送り続けた三宮さんは、佐世保や横浜に戻ると仲間と酒を飲みました。港で働く労働者たちが「景気がいい。やっぱり戦争があったほうがいい」と話すのを耳にしました。「自分の頭に爆弾が落ちないのなら、戦争を歓迎するのか」と、恐ろしさを感じたそうです。
 日本経済は戦争の特需で息を吹き返し、社会も大きな影響を受けました。例えば、この戦争をきっかけに自衛隊の前身である「警察予備隊」が発足、国連軍の後方基地が日本国内に七カ所置かれたままです。
 この六月には、韓国側から飛ばされた体制批判ビラをきっかけに、南北の対立が高まり、北朝鮮は「軍事行動」も予告しました。
 北朝鮮は経済的には困窮しているにもかかわらず、核兵器やミサイル技術を独自に発達させ、緊張を高めています。
 しかし、そもそもの対立の構造は朝鮮戦争がもたらしたものです。「後方基地」としての日本の役割もそのままです。この構造を変えなければ、北東アジアの緊張と対立は終わらないでしょう。
 最近、ボルトン前米大統領補佐官の回顧録が出版されました。その中で、トランプ大統領は、朝鮮戦争の終戦宣言に大きな関心を示していた、と書かれています。
戦争を終わらせる努力
 しかし安倍晋三首相は、北朝鮮を安易に信用すべきでないとトランプ大統領に呼びかけ、終戦宣言は結局見送られました。
 回顧録の内容は検証が必要でしょう。しかし、三宮さんが耳にした港湾労働者の言葉と安倍首相の姿勢には、どこか通じるものがあるような気がしてなりません。
 われわれのすぐ隣で、戦争が今も続いています。これを終わらせることの大切さを、改めて考えてみてはどうでしょう。

 

 
 6/21
 
 

 
 高田です。

これが冷静に見たところではないか。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/36913?rct=politics

首相の悲願、在任中の改憲厳しく 「議論しない」野党に責任転嫁
2020
621 0745

 安倍晋三首相が目指す在任中の改憲が厳しくなってきた。先週閉会した通常国会での実質的な憲法論議は衆院憲法審査会での一回にとどまった。
改憲手続きを定めた国民投票法改正案は六国会連続で継続審議となった。首相は来年九月までの自民党総裁任期中の改憲の旗を降ろさないが、国会の機運は高まっていない。
 首相は国会閉会を受けた記者会見で、改憲について「条文案を巡る議論は残念ながら今国会でも全く進まなかった。
目の前の課題を先送りせず解決するのは政治家の責任だ」と与野党に議論を促した。会見の冒頭発言で自ら切り出したところに、論議停滞へのいら立ちがにじんだ。
 記者から審議を加速させる方策を問われると「任期の間に憲法改正を成し遂げたいとの決意と思いに変わりはない」と強調。三分半に及ぶ熱弁で「反対なら反対と議論すればいい。
なぜ議論すらしないのか」と野党に矛先を向けた。
 通常国会で憲法議論が進まなかったのは、野党が「新型コロナ対策を優先すべきだ」と主張したからだ。
十二日の自民党憲法改正推進本部では、細田博之本部長が「野党にも反省をしてもらわないといけない」と憤った。
出席者からも「支持者にも相当な不満がある」との声が漏れた。
 首相の在任中に改憲を実現するには、遅くとも来年の通常国会で改憲を発議しなければならない。
安倍政権が審議を急ぐなら、野党の要求に応じて先の通常国会の会期を延長する選択肢もあった。
予定通り国会を閉じながら、改憲論議が滞った責任を野党に転嫁するうちに、首相の残り任期は刻々と少なくなっている。 (井上峻輔)
  6/12
 
 

 
《孫埼享 氏 論説より。》孫崎享のつぶやき   (6/12付)  https://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1910892

尖閣諸島:沖縄返還時、米国は管轄権は日本、領有は日中いずれの立場も取らないとの立場。
日中国交回復の時に現状維持、つまり暗黙に日本の管轄を認める「棚上げ」を暗黙に合意。
日本が領有の動きを強めれば当然中国も対応。将来、日本の管轄も揺らぐことを理解すべきだ。
 

尖閣諸島に関しては、日中双方が自分のものと主張している。
日本の国内においては、尖閣諸島は日本領だと確信しているが、国際的に見て決してそういうことではない。
米国が沖縄返還した時、米国は、領有権については、日中のどちら側にもつかない、管轄権は日本にあるという立場である。
 

 領有権がなくて管轄権はあるというのは、脆弱な関係である。 

 この問題は日中国交回復の時の、田中首相、周恩来首相の時の対話にまでさかのぼる。
この時も尖閣問題は極めて微妙であり、正式の議題とすると日中間全体の合意が成立しないような状況である。ここで、それまでの水面下の接触を踏まえ「棚上げ合意」が暗黙の了解となった。
 

 領有権が正式に解決しない中で、管轄権を認める形での合意は実は日本に有利である。 

 しかし、日中間の緊張を求めるグループの圧力で、今日、日本政府は棚上げの合意がないとの立場を取っている。それが今日の日本政府の立場である。 

 実はこれは日本にとって極めて不利な主張である。
尖閣において日中に何も合意がないとなれば、領有権だけではなく。管轄が日本にあるという暗黙の了解も、何の合意もないということになる。
実力でどちらに属するかを決めるということであれば、今日中国は圧倒的に日本の上であり、尖閣周辺で米中が軍事衝突する事態になれば、中国軍は米軍よりも優位に立つ。
 

 こうした中、日本が自分の立場を全面的に出して現状変更を行う動きを取ることじゃ、実は、は日本にも不利になるのであるが、こうした客観情勢を理解することなく、日本の主張を前面に出そうという動きが強まっている。その一環として、最近石垣市が尖閣の字名を「尖閣」という文字を入れる動きがある。
 

A-1 事実関係1「「尖閣」字名に使用へ石垣市が議案出す 22日可決見通し」(琉球新報。6月10日) 

 石垣市は9日に開会した市議会6月定例会に、行政区域にある尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を提案した。
議案は22日の最終本会議で採決される。与党などの賛成多数で可決される見通し。
 

 野党側は中国や台湾との緊張を高める可能性もあるとして慎重姿勢を示している。
尖閣諸島の「南小島2390」「北小島2391」「魚釣島2392」「久場島2393」「大正島2394」の字を、登野城から登野城尖閣に変更する。可決されれば10月1日に施行する。

 

A-2:「日本の釣魚島字名変更は中日関係に影響を与えるか?」(人民網日本語版) 

・石垣市議会事務局は9日、この議案がすでに同日の市議会定例会に正式に提出されており、22日の会議で採決されることを明らかにした。 

・これについて中国の専門家は、日本側の「改名」行為は釣魚島問題を「複雑化」「危機化」させるだけであり、相対的に緩和された現在の中日関係にさらに大きな不確実性をもたらすと指摘する。環球時報が伝えた。

 ・朝日新聞の報道によると、石垣市の中山義隆市長は、字名変更は「行政事務改善のため」としている。現行の字名「登野城」は釣魚島及びその附属島嶼と石垣島内の登野城地域で共用されており、混同しやすいため、釣魚島及びその附属島嶼の字名を「登野城尖閣」に変更することで「区別を強化」し、「行政効率を高める」計画だ。

 ・外交学院国際関係研究所の李海東教授は9日に取材に応じた際、「中日間には釣魚島の領有権問題が確かに存在し、歴史の残したこの問題を短期間で解決できる可能性も低い。こうした中、双方は溝を有効に管理・コントロールし、共通認識をさらに拡大するべきだ。しかし、日本側の『改名』行為は釣魚島問題を『複雑化』『危機化』させるだけであり、相対的に緩和された現在の中日関係にさらに大きな不確実性をもたらす」と指摘した。

 ・実は石垣市議会は、すでに2017年に釣魚島及びその附属島嶼の字名変更の議論を始めたが、後に手続き上の問題で頓挫した。今になって字名変更の推進を加速している理由について、李氏は「沖縄の地方保守勢力が、この行動が中日関係に与える影響を日本政府の立場に立ってしっかりと考えなかった可能性がある」と指摘した。

 李氏はさらに「背後で米国がつまらない策略を弄している可能性も排除できない。米国は終始中国を競争相手と見なしている。現在国内情勢が混乱し、選挙戦でトランプ政権の状況がかんばしくない中、米国は中日間にもめ事をつくることで、国内世論の視線をそらすことを企てているのかもしれない」と指摘。「釣魚島問題をめぐり中日間に強い対立が生じた場合、米国のいわゆる日本への『支持』はかなりの程度において口先だけのものにとどまり、最終的に犠牲になるのはやはり日本であるということをよく知るべきだ」と強調した。

 外交部(外務省)は以前「釣魚島及びその附属島嶼は古来中国固有の領土であり、日本側が何を言い、何をしようとも、この事実を変えることはできない。釣魚島に対する中国の主権には十分な歴史的根拠と法理上の根拠があり、釣魚島の領土主権を守る中国側の決意は確固不動たるものだ」と述べた。(編集NA)「人民網日本語版」2020610

 

A-3 「尖閣の字編請う提案へ」(琉球新報66日)

「中国との緊張高める」 孫崎享の話。 (略)

  5/26
 
《孫埼享 氏 論説より。》孫崎享のつぶやき   (5/26付)

鳩山元首相過去一か月どういうツイート発信か。最近反応大の5、①命をかけ人々守る医者と看護師。報いは?看護婦危険手当日に340円支給、②PCR検査迅速な日本製機を伊利用。何故日本に遅れ、③木村花さん死亡。攻撃者アカウントを消してる、➃黒川氏麻雀報道

鳩山由紀夫

511日 • 3,695件のリツイート  •  8,542件のいいね 

コロナの感染者に対して、命をかけて守ってくれているのは医者と看護師です。特に看護師は交代制で24時間患者と接している。彼らには自治体から危険手当が出るが、例えば東京都では340円支給される。時給340円の上乗せでは可哀想だと思っていたら、それは日給だった。せめて時給にすべきではないか。

59     3,419件のリツイート •   7,205件のいいね 

イタリアや韓国など世界で迅速なPCR検査がなされているが、一番手間がかかるのがウィルス遺伝子の抽出である。そのプロセスを迅速にこなすのが全自動PCR検査機器であるが、その機器は日本製なのである。日本製なのに日本が一番検査が遅れているのはやはり利権のようだ。人命より利権なのか、情けない。

524日•  2,155件のリツイート  •  7,284件のいいね

木村花さんが命を絶たれた。SNSによる誹謗中傷が原因ではないかと言われている。彼らはアカウントを消し始めてると聞く。実に卑怯ではないか。批判するなら実名で堂々と言うべきだ。#誹謗中傷の書き込みは心を殺します 行き過ぎた誹謗中傷には厳罰を処すべきと思う。被害者は立ち上がるべきだ。

521日 •   1,927件のリツイート •   5,644件のいいね 

賭け麻雀がばれて黒川検事長が辞意を表明した。当然であろう。産経新聞の記者の自宅で朝日新聞の社員もいたという。朝日の記事は一面で黒川氏の賭け麻雀を指摘しながら、朝日社員については「不要不急の外出を控えるべきところ…」と生ぬるい。違法な賭け麻雀をやったことが問題なのに曖昧にしている。

522日 •  2,190件のリツイート •  5,296件のいいね 

昨日も申したが、黒川検事長が辞任に当たって、「緊急事態宣言が出ているときに軽率なことをした」と辞任をされた。そうではない。緊急事態であろうがなかろうが、賭け麻雀という違法行為をしたから辞任すべきなのだ。マスコミが甘いのは、彼らも違法行為である賭け麻雀をやっているからではないか。

 
   5/25
 
《孫埼享 氏 論説より。》孫崎享のつぶやき   (5/25付)

1:黒川氏の処分は人事院規則に照らしても不当。人事院は「懲戒処分の指針について」という規則を持つ。ここでは「賭博をした職員は、減給又は戒告とする」「常習として賭博をした職員は、停職とする」という規則を持つ。併せて、標準例に掲げる処分の種類より重いものとすることが考えられる場合として、「非違行為を行った職員が管理又は監督の地位にあるなどその職責が特に高いとき」とある。つまり、高い職にある者は、普通の公務員よりも厳しい処分が予定されている。だが今回は逆だ。 

2:処分は軽すぎると世論は強い反発。

3:安倍首相は国会答弁で、処分決定は、検事総長が行ったと説明。

4:しかし今回共同通信が「首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった」と報じたが、これが事実であれば、安倍首相国会に虚偽答弁を行ったこととなる。

A1:事実関係1:黒川氏処分、首相官邸が実質決定 法務省は懲戒と判断、軽い訓告に(共同)、

A:事実関係1: 賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)の処分を巡り、事実関係を調査し、首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった。複数の法務・検察関係者が共同通信の取材に証言した。

 安倍首相は国会で「検事総長が事案の内容など、諸般の事情を考慮し、適切に処分を行ったと承知している」と繰り返すのみだった。確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていたといい、その経緯に言及しない首相の姿勢に批判が高まるのは必至だ。
(1)安倍首相発言:22日 衆議院厚生労働委員会「(訓告よりも重い処分が必要ではないかと問われ)検事総長が事案の内容と諸般の事情を考慮し適切な処分を行ったと、承知している。その報告は法相からなされ、黒川氏が辞意を表明したということなので、私も了解したということだ。

(2)森雅子法相;法務省内、任命権者の内閣とさまざまな協議を行った。私が検事総長に「こういう処分が相当であるのではないか」と申し上げ、検事総長から訓告処分するという知らせを受けた。
 
  5/23
 
 


《孫埼享 氏 論説より。》孫崎享のつぶやき

種苗法は現在農家が行っている自家採取を禁止し犯した場合多額の罰金を払わす仕組み。シャインマスカット等日本開発の品種を守るためと農水省言うが、現行種苗法に「消費以外の目的で輸出禁止」条項ある。危険警告した柴咲コウへの攻撃の異常さは何故かを考える時

    
(以下、全文は、右をクリックで表示されます。 ➡    意見投稿  ページ 

5/2
 
 
高田です。

(注)『赤旗』ウェブサイトより    クリック
                      
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-01/2020050101_02_1.html

 2020年5月1日(金)

 韓国、軍事費削り支援金 F35など850億円 全世帯に支給

 韓国国会は30日未明、新型コロナウイルス対策として全世帯に支給する「緊急災害支援金」の財源確保に向けた第2次補正予算を可決しました。
軍事費9897億ウォン(約850億円)の削減などが行われ、総額12兆2千億ウォンが支援金支給に投入されます。・・・・・・・・・・・・・
 

(以下、全文は、右をクリックで表示されます。 ➡  意見投稿  ページ 
 
 4/19 
高田です。
やっぱり今井だと。
https://biz-journal.jp/2020/04/post_152700.html
安倍首相のコロナ対策迷走の元凶は「今井補佐官」だった…マスク2枚配布、現金給付混乱

 一度、閣議決定した補正予算案を組み直す、それも与党がひっくり返して組み直す。前代未聞の事態である。

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する安倍政権の対応が迷走を極めている。4月7日に閣議決定した緊急経済対策で一旦、見送られていた「国民1人当たり現金10万円一律給付」が16日、突如復活。条件が厳しくもらえる人が少ないと国民の不評を買っていた「所得減の世帯に30万円給付」は取り下げ、補正予算案を組み直し、再度、閣議決定を行うことになった。

「10万円一律給付」が実現に至ったのは、自民党の二階俊博幹事長が口火を切り、公明党の山口那津男代表が安倍晋三首相に直談判した結果だが、安倍首相にとっては、公明党が大臣を引き上げ、閣外協力に退く可能性をちらつかせたことに加え、各種世論調査で内閣支持率が軒並み下落している世論の風当たりも考慮せざるを得なくなったためだろう。

「10万円一律給付」は当初から公明党が提案しており、自民党内にも前向きな声があった。それを安倍首相が採用しなかったのは、側近中の側近である今井尚哉首相補佐官兼秘書官の進言が背景にある。

「一律給付しても効果がないのは、定額給付金の時に実証されています」と、今井氏は2008年のリーマンショック後の経済対策で国民全員に1万2000円を給付したもののバラマキだと批判されたことを例に出して、安倍首相を説得したというのだ。財務省も一律の現金給付には消極的で、定額給付金を支給した時の首相だった麻生太郎財務相も否定的だった。

 この一件に限らず、安倍政権の一連のコロナ対策は後手後手のうえ、場当たり的で世論の評価はイマイチなのだが、失敗の影に見え隠れするのは今井補佐官の存在だ。

 2月27日の政府の対策本部会合で突如、安倍首相が事前の文部科学省との調整もそこそこに、全国の小中高校・特別支援学校等の一斉休校要請を打ち出した。「私の責任で決めた」と安倍首相は自らの政治判断を強調したが、これを勧めたのも今井補佐官だった。
「マスク2枚配布」決定にも今井補佐官が関与

 さらに4月に政府が打ち出した一世帯につき2枚の布マスクを配布するという施策に、世論の多くが唖然とし、郵送費含め466億円もが費やされることがわかると、さらに批判が強まったが、これにも今井補佐官が関わっている。

「布マスク配布は、経済産業省内にマスク増産体制を企業と調整するチームがあり、その延長線上で浮上した話のようです。今井補佐官は経産省出身。首相官邸内には今井氏の子飼いの経産省出身の佐伯耕三首相秘書官もいる。経産省を通じて布マスクの情報が今井・佐伯ラインに伝わり、佐伯氏が安倍首相に『全国民に布マスクを配れば不安はパッと消えますよ』と伝えたというのです」(自民党関係者)
 

 
 (九条かながわの会ML より) 今後の行事

【7/5現在 受信情報】 

皆様へ

今後の行事の75日版を作成しましたので、お送りします。
新型コロナウイルスCOVID-19感染症拡大の折3蜜を避けるために参加者を制限したり、Zoomなどを使用したオンラインでの会議や集会も企画されております。
新しい行事に*印をつけ、太字にしました。情報をお寄せいただいた皆様に感謝します。
また、間違いなどご指摘いただければ訂正しますので、ありがたく思います。        202075日 後藤仁敏

 

76日(月)18:0019:00 STOP !安倍改憲発議総がかり行動緊急署名街頭宣伝 場所:新宿駅西口小田急百貨店前 共催:総がかり行動実行委員会

76日(月)18:0021:00 スペースたんぽぽ 新ちょぼゼミシリーズ「オルタナティブな日本を目指して:『維新の会』って、なにゃねん?」 会場:スペースたんぽぽ(JR水道橋駅西口徒歩5分、ダイナミックビル4階) 参加費800円(学生400円) 講師:清水ただしさん(衆議院議員) 要予約 連絡先:03-3238-9035 

77日(火)12:0013:00 カジノ反対新市庁舎前宣伝 場所:新市庁舎前広場、弁天通りアイランドタワー側(桜木町駅徒歩5分、みなとみらい線馬車道駅1C出口直結) 主催:カジノ誘致反対横浜連絡会(045-650-1896

77日(火)12:0013:00(本会議14時~) 新市庁舎包囲!&市会傍聴! 場所:新市庁舎正面集合(桜木町駅徒歩5分、みなとみらい線馬車道駅1C出口直結) 主催:18行政区カジノ反対有志 連絡先:佐藤(070-6481-4362)、大塚(090-3593-8813

710日(金)18:0020:30 横浜教科書問題市民・有識者会議 教科書問題アピール発表記者会見報告集会 会場:横浜市開港記念会館26号室(みなとみらい線日本大通り駅徒歩2分、関内駅徒歩10分) 主催者挨拶、呼びかけ人からの発言:小林節さん(慶應大学名誉教授)、櫻井みぎわさん(弁護士)ほか 主催:横浜教科書問題市民・有識者会議(加藤、045-781-3692

714日(火)18:0020:00 九条かながわの会拡大事務局会議 会場:馬車道法律事務所会議室(関内駅徒歩8分) 問合せ:090-7175-1911(後藤)

717日(金)18:30~ 横浜にカジノはいらない カジノ最新情報学習決起集会 会場:横浜市従会館ホール(桜木町駅徒歩12分) 講演:鳥畑与一(静岡大学教授)、各団体からの決意、連絡会からの報告と行動提起 主催:カジノ誘致反対横浜連絡会(045-650-1896

718 日(土)12:3015:00 かながわ市民連絡会全体会 会場:桜木町ぴおシティ6階青少年交流活動支援スペース第1研修室(地下鉄桜木町駅の上) 問合せ:naito@muh.biglobe.ne.jp (内藤繁)

718日(土)15:3017:00  平和をつなぐリレー街宣in桜木町 場所:JR桜木町駅前広場 主催:UNITEリレー街宣実行委員会 問合せ:080-4751-9794

718日(土)18:30  145回市民憲法講座:安倍首相が企てる国家安全戦略の改定と自衛隊 会場:文京区民センター2A会議室(地下鉄春日駅すぐ、3密に配慮し、先着80名限定です) 参加費800円 講師:半田滋さん(防衛ジャーナリスト、元東京新聞論説兼編集委員) 主催:許すな!憲法改悪・市民連絡会 連絡先:03-3221-4668

719日(日)13:3016:00 平和セミナー 会場:相模大野ユニコムセミナールーム2(小田急相模大野駅横) 資料代500円 第1講座:菅沼幹夫さん(県平和委員会事務局次長)「日米同盟と神奈川の基地」 第2講座:永山茂樹さん(東海大学教授)「憲法をめぐる動きと改憲阻止をめざして」 主催:神奈川県平和委員会(info@k-peace.org045-231-0103

723日(木)13:30 ~ 中止一択!東京五輪集会 会場:日本キリスト教会館4階会議室(https://www.jcws.or.jp/houjin/access.html) 資料代500円 発言:武田砂鉄さん(ライター)「今、ニッポンにはこの夢の力が必要ではない」、志葉玲さん(ジャーナリスト)「東京オリンピックで悪化、難民の迫害」 コメント:谷口源太郎さん(スポーツジャーナリスト)、江沢正雄さん(長野五輪反対運動) ビデオメッセージ:ジュールズ・ボイコフさん(ジャーナリスト、元五輪選手。『オリンピック秘史』著者)、ロサンゼルス、韓国、パリ、札幌など、各地でオリンピック反対運動に取り組んでいる仲間より。 主催:「オリンピック災害」おことわり連絡会(080-5052-0270

724日(金・休)17:30集合 18:00デモ出発 中止一択! 東京五輪デモ 集合場所:日本オリンピックミュージアム(JOC)前(https://japan-olympicmuseum.jp/jp/access/地下鉄銀座線外苑前駅徒歩5分) 当日、17時から集合場所にあるJOCに東京五輪中止を申し入れます。 デモコース:集合場所新国立競技場明治通り表参道原宿駅五輪橋(解散)の予定 主催:「オリンピック災害」おことわり連絡会(080-5052-0270

727日(月)~31日(金)100019:00(初日は14時から、最終日は16時まで)  5回 知ることで未来が見える 戦争の加害パネル展 会場:かながわ県民センター(横浜駅西口徒歩5分) 主催:記憶の伝承を進める神奈川の会(090-7405-4276) 後援:神奈川新聞社、東京新聞横浜支局、朝日新聞横浜総局、tvk(テレビ神奈川) 協賛:週刊金曜日 歴史解説コーナー:728日(火)1317時 「満州」に集団移住させられた朝鮮人 橋本雄一さん(東京外語大学教員)

728日(火)18:0021:00 スペースたんぽぽ 新ちょぼゼミシリーズ「オルタナティブな日本を目指して 霞が関改革をそうする:日本の官僚組織」 会場:スペースたんぽぽ(JR水道橋駅西口徒歩5分、ダイナミックビル4階) 参加費800円(学生400円) 講師:前川喜平さん(現代教育行政研究会代表、元文部科学省事務次官) 要予約 連絡先:03-3238-9035 

729日(水)15:0018:00 新護憲神奈川フリートーク&事務局会議 会場:かながわ県民センター701号室(横浜駅西口徒歩5分) 問合せ:090-7272-3092(松原)

729日(水)18:30~ 梨の木憲法カフェ 会場:梨の木舎(水道橋駅東口徒歩3分) 発題:高田健さん

815日(土)15301700  平和をつなぐリレー街宣in桜木町 場所:JR桜木町駅前広場 主催:UNITEリレー街宣実行委員会 問合せ:080-4751-9794

815日(土)17001800  9条を守る街宣リレートーク、音楽など 場所:JR桜木町駅前広場 主催:九条かながわの会 問合せ:090-7175-1911(後藤)

826日(水)15:0018:00 新護憲神奈川フリートーク&事務局会議 会場:かながわ県民センター701号室(横浜駅西口徒歩5分) 問合せ:090-7272-3092(松原)

912()13:3016:30  韓国キャンドル革命とソウルの市民民主主義に学ぶ日本の政治を変えるために私たちにできることとはー 会場:ソレイユさがみセミナールーム1 (JR・京王線 橋本駅北口 徒歩1分 イオン6階) 参加費:予約券・メール予約500円、当日700円(学生・障がい者500円)、メール予約:shiraishi2020sagamihara@yahoo.co.jp 主催:白石孝氏講演会相模原実行委員会 連絡先:090-6957-6539(岡田)

919()13:30~ 九条の会・ちがさき 講演と音楽のつどい「今、伝えたい真実 国家権力とメディア」 会場:茅ヶ崎市市民文化会館ホール (JR茅ケ崎駅北口徒歩8分) 参加費:500円 講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者) 新型コロナウイルスの感染状況によって実施できない場合があります。前売りはありません。予約の方が優先となります。下記により申し込みください。予約・問い合わせ:電話0467-85-7182(宮澤)、090-6489-3739(林) メールchigasaki9jou@yahoo.co.jp

930日(水)15:0018:00 新護憲神奈川フリートーク&事務局会議 会場:かながわ県民センター701号室(横浜駅西口徒歩5分) 問合せ:090-7272-3092(松原)

1010日(土)~116日(金)映画「時の行路」(神山征二郎監督、石黒賢・中山忍主演)上映 会場:シネマリン(横浜伊勢佐木町) シニア・学生・障碍者前売券1100円、一般前売券1200円、当日券1800円 主催:上映実行委員会(045-212-5855、神奈川労連気付)

1021日(水) 交流会 会場:厚木市文化会館小ホール(本厚木駅北口徒歩15分) 主催:厚木市九条の会ネットワーク(大友さん、090-3912-6797

117日(土)14:00~ 中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る」 会場:地球市民プラザ(あーすぷらざ)プラザホール(本郷台駅徒歩3分) 前売り一般2000円、当日2300円、高校生・大学生500円、中学生以下無料 主催:中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る」上演委員会 予約・問合せ・ぶんぶんトークの会事務局:090-2650-8240bunbuntalk@yahoo.co.jp37日、627日の行事が延期になりました)

124日(金)~6日(日) 第23回総合学術研究集会in東京 人間の尊厳と平和で持続可能な社会を求めて-科学者と市民の共同を探求する 全体会1、特別講演1、交流企画、文化企画 5日:分科会12、全体会2、特別講演2、懇親会 6日:分科会345 主催:実行委員会(23sogaku@jsa.gr.jp )オンライン開催の予定

1213日(日)11:0021:0014日(月)10:0020:00 日米地位協定を考えるパネル展 入場無料 会場:やまと芸術文化ホール シリウス1階ギャラリー(大和駅東口徒歩3分) 主催:実行委員会 連絡先:046-263-1294(森)、090-2669-4219(久保)



有用なウェブサイト(1) <活動の連携サイト>

 

許すな!憲法改悪・市民連絡会

http://web-saiyuki.net/kenpoh/index.html

 

憲法9条を壊すな!実行委員会
http://kyujokowasuna.com/

 

 

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

http://sogakari.com/

 

 

九条の会 オフィシャル・サイト

http://www.9-jo.jp/

 

 

九条の会メールマガジン

http://www.9-jo.jp/news/MagNews/mail_mag_list.html

 

 

九条かながわの会

http://9kanagawa.la.coocan.jp/

 

 

鎌倉九条の会

http://kamakura9-jo.net/

 

 

よりよい教科書を子どもたちに!藤沢とりくむ会

https://www.fujisawatorikumukai.com/

 

 



みんなの教育・ふじさわネット
 

https://mkfnet.com/

    
 

エコストアパパラギ 
海を救え!ダイバーが始めた「エコストアー」というプロジェクト。

https://ecostorepapalagi.com/

 

   海

沖縄と連帯する会・ぎふ

https://okinawarentaigifu.jimdofree.com/ 

 

「ものいう」自由をまもる会 (大垣警察市民監視違憲訴訟の勝利をめざす「もの言う」自由を守る会)

https://monoiujiyu-ogaki.jimdofree.com/

 

 

経産省前テントひろば

https://tentohiroba.tumblr.com/

 

 

有用なウェブサイト(2) 

 IWJ
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website1image3.jpg

  マガジン9 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website2image4.jpg

憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン

平和憲法のメッセージ
早稲田大学・水島朝穂教授のホームページ 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website3image1.jpg 

ニュース専門ネット局
ビデオニュース・ドットコム

 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website4image2.jpg 

 ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、日々の思いをつづります。 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website5image7.jpg

戦場体験放映保存の会

戦場体験放映保存の会が運営する、
戦場体験史料館のウェブサイトです。


 

沖縄(1) 
辺野古浜通信
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website6image9.jpg 

 沖縄(2)  
やんばる東村 高江の現状
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/website1image11.jpg

沖縄(3) 
沖縄ヤンバルより・・目取真俊 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/websiteimage12.jpg 


沖縄(4) 
沖縄平和運動センター
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/okinawawebsiteimage21.jpg 


 
沖縄(5) 
ヘリ基地反対協議会
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/websiteimage18.jpg 

 
沖縄(6)
平和市民連絡会HP 
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/websiteimage19.jpgokinawa


 
原発(1)
たんぽぽ舎
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/irasutotanpoposya.image1.jpg

 
原発(2)
原発なくす蔵
http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/irasuto.genpatu.image2.jpg

 

湘南Theoの平和のページ・HP

http://hws3.spaaqs.ne.jp/ezetheo01/shonantheo/index.html

 

 
湘南Theoの平和のページ・ブログ

https://syounantheo.hatenablog.com/

 

 

 

 

  

沖縄と連帯する会・ぎふ               
 からの 沖縄関連(新聞記事)情報  ( https://okinawarentaigifu.jimdo.com/ )
 沖縄2紙の基地、米軍(事故・事件を含む)、自衛隊、平和などに関する記事の見出しとURLを拾い出しています。          https://okinawarentaigifu.jimdofree.com/沖縄関係ニュース動画など/

  主な「戦争証言」アーカイブ

http://hws2.spaaqs.ne.jp/fujisawa9jo/link/image1.jpg

(朝日新聞アーカイブス主な「戦争証言」デジタルアーカイブス) を紹介します。

数々の貴重な資料のサイトが紹介されています。

http://www.asahi.com/special/digisp/?iref=comtop_gnavi



個別のサイトURLは下記より。

NHK「戦争証言アーカイブス」

http://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/

 

朝日新聞「ナガサキノート」

http://www.asahi.com/special/nagasakinote/

 

沖縄タイムスデジタルアーカイブ 戦世からぬ伝言」

http://app.okinawatimes.co.jp/sengo70/

 

Yahoo!Japan「未来に残す 戦争の記憶」

https://wararchive.yahoo.co.jp/

 

広島平和記念資料館「平和データベース」

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/database/

 

沖縄県「沖縄平和学習アーカイブ」

http://peacelearning.jp/

 

「みんなの戦争証言アーカイブ」

http://true-stories.jp/

 

「1945」

http://ichikyuyongo.com/

 

「ヒロシマ・アーカイブ」

http://hiroshima.mapping.jp/index_jp.html

 

「ナガサキ・アーカイブ」

http://n.mapping.jp/index_jp.html